わっしょいとやっほいとにゃっしょい
ぽんぽこぽん
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
苔むす僕らが嬰児の夜
タイトルは、「夢の遊眠社」(劇団)の ゼンダ城の虜 の、サブタイトル??のようなものです。タイトルがサブタイトルで、サブタイトルと言ってみても、果たしてサブタイトルなのか、不明で、タイトルなのかも。
笑。

おおひなたごうさんが、藤子不二雄さんの、「まんが道」に出てくる映画を全て観る!!という様な事をしていらっしゃる模様なのですが、その映画の中にも ゼンダ城の虜 があったり、宝塚の演目にもあったりで、有名なお話なのかもしれないけれど、僕はしりません。笑。


桜の森の満開の下(この言葉、素晴らしすぎて、鼻血がでそうです。)や、罪と罰などは、贋作 となっているから、ゼンダ城 は、オリジナル??あ、でも、半神は、半神だなぁ。。(イグアナの娘の原作者と同じ方なのですよ、奥さん!!笑。)
以上、野田秀樹さんの作品についての、モヤリを、記したのでした、笑。




つかこうへいさんの芝居を観劇した友人の日記を読んで、ハタ!!と目が覚めた。

宇宙人の友達に見えている世界を演劇の枠にはめていたいとも、ハタ!!と思う。


さくらももこさんは、シンプルすぎて、最近好きです。笑。
チェーホフは、銀粉蝶さんが全てで、三人姉妹。


明日は、12/8。
スポンサーサイト
【2006/12/07 23:03】 | 未分類 | コメント(2) |
<<この世で一番美しいのは赤である。 | ホーム | サファイア>>
コメント
きゃはきゃは!!
そうとも!勝手に1人で行かせて頂きました!

あはははははは

素敵で…あっそうそう明日(あっ今日?)あたりメル送るww


野田の謎は深まるばかりだ。
でもそれでも素敵なのだ。
【2006/12/08 00:38】 URL | 悠 #-[ 編集]
行きたかったなぁ。
日記みて尚更。
ごめんちょ!!笑。

今度きかせてね。
なんか、うん、なんか、すごい、うん、あ、うまくいえないや!!


野田様野田様!!
【2006/12/10 01:06】 URL | ユウタ #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
プロフィール

ユウチーズタ

Author:ユウチーズタ
へい!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。